2009年05月08日

かんぱん対策

かんぱん対策

かんぱんは、治療するのに時間がかかるしみです。紫外線のしみであれば、レーザー手術をすれば一週間程度で手術跡も消えますし、短期間で治療可能なのですが、かんぱんは、レーザー技術があまり発達しておらず、内服薬などで体の内部からの治療をしなければいけないのです。結婚式などで、短期間でかんぱんをどうにかしたいということであれば、コンシーラーで隠してしまうことをオススメします。もちろん体の内部からの治療は続け、治るまでの間に上から覆って隠すという意味です。コンシーラーのほかには厚めにファンデーションを塗ったりしてもかんぱん対策にこうかがあるでしょう。

かんぱんは本当に厄介なできものですよね。ほうっておいてもh死ぬことはないんですが、肌にしみがあるのとないのとでは、第一印象がかなり違います。お見合いパーティーなどに行く際は、しみがあるだけであまり相手にされないことも。しっかりとかんぱん対策をしていってくださいね。
posted by かんぱん at 15:26| かんぱん 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かんぱんの予防法

かんぱん予防

かんぱんに限らずどんな病気でも肌荒れでも治療するより予防するほうが大事なことになってきます。かんぱんも例外ではなく、予防してきちんと肌を正常に保つことが大事です。かんぱんをどのように予防するのかというと、かんぱんやかんぱんの原因を知り、その原因を取り除くようにすればよいのです。かんぱんは肌のしみですが、単なる紫外線によるしみとは違います。紫外線も原因の一部なのですが、そのほかにストレスや女性ホルモンバランスの崩れなどがあげられます。そこで、かんぱんの予防に話を戻しますと、原因である

紫外線
ストレス
女性ホルモンバランスの崩れ

この三つの原因を日常生活の中から取り除けば、高確率でかんぱんを予防することができるというわけです。まずは紫外線ですが、これは、夏だけでなく、冬も日焼け止めをすること。できればSPF30以上のものが望ましいです。ストレスを日常生活の中から取り除くのは大変ですが、軽い運動を毎日やったり、趣味を持ったりすることで、ストレスが解消できるでしょう。ただし、女性ホルモンのバランスの崩れは取り除くのが難しいです。しかし、ストレス解消を試みることで、ホルモンバランスも正常に保つことができるでしょう。
posted by かんぱん at 15:08| かんぱん 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

かんぱんについて

かんぱんについて

かんぱんという言葉を聞いたことがあるでしょうか?現在かんぱんという言葉は、食べるかんぱんと肌のしみのかんぱんの2種類があります。このブログでは、美容関連のかんぱんについてご紹介しますが、いろいろ調べると、かんぱんも奥が深いので、しっかりと勉強をしてかんぱんの治療をしてください。まず、かんぱんについてですが、かんぱんとは、しみですね。ですが、顔の肌にある通常のしみとは意味が違います。かんぱんにはかんぱんの特徴があり、原因や対策方法も通常のしみとは違いますので、まずは、通常のしみとかんぱんの違いを知っておきましょう。

かんぱんとしみの違いを知らなかったために、かんぱんを余計ひどくしてしまう人も数多くいます。特に気をつけなければいけないのがレーザー治療。美容クリニックの先生も中にはいい加減で知らない人がいるんですね。きちんと知識を身につけてからクリニック等にも行くようにしてください。
posted by かんぱん at 10:36| かんぱん 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。